モデルケースと対応

医療現場で患者のトラウマに配慮したソーシャルワークを実現するために。ここでは社会的困難女性が来院を仮定して、さまざまな仮想ケースとその対応モデルを紹介しています。

新型コロナ外出自粛による生活環境や家族関係の悪化からうつに

患者プロフィール

37歳。本人も夫も働いている。10歳の息子がいる。

ケース紹介

家事、育児、仕事の著しい負担増

月経困難症で内服していた低用量ピルの継続目的で再診。

体調をたずねると、「眠れない。食事も取れていない」とのこと。新型コロナの影響で夫婦ともに在宅勤務になり、気が休まらないという。

詳しく状況を聞いてみると、在宅勤務ということで、休校中、10歳の息子は学童保育には受け入れてもらえず、仕事をしながら育児をする状況だった。毎日午前5時に起床し、掃除と洗濯などをしてから、在宅で始業している。息子が家のなかを散らかして暴れると、夫が「会議中くらい静かにさせろ」と怒鳴るなど、育児に協力的ではなかった。

疲労や不安が積み重なる日々で、逆上して子どもに物を投げつけたことがあり、母親として失格だと感じている。家族全員が落ち着かず、いらいらしていることも増えた。先日、食事をしても味がしなくて、新型コロナに感染したかと不安になり、保健所に電話をしたこともあった。子どもの学校が始まり、夫も週3日は出勤するようになった。自分は在宅勤務が続いているが、せっかく時間ができたのに何もする気がしなくて有給を使って休んでいる。食欲も湧かないようだった。

家族一人ひとりにケアが必要

家族一人ひとりが新型コロナによる社会状況の変化に不安を覚えていて、それぞれケアが必要であると伝えた。家族で不安や思いを語りあう場を持ってみてはどうかと提案した。一方で、家族や仕事のことばかりでなく、自分のケアを第一に考えてもよいとも伝えた。

精神科の予約が困難で、本人が相談できる窓口を紹介

味覚障害はうつの1症状とも考えられるので、精神科への受診を勧めた。自院の精神科に予約しようとしたところ、2ヶ月後まで予約が埋まっていた。電話やSNSでの相談が可能な厚生労働省「新型コロナウイルス感染症関連SNS心の相談」や「こころのホットチャット」、働く人の「こころの耳メール相談」を紹介し、SWにも連絡。

夫にも連絡し、家族で話しあう土壌づくりを

本人の了承のもとSWから夫に電話をしたところ、夫は新型コロナの影響による収入減に強い危機感と不安感を抱いていた。強い不安感にさいなまれており、妻の不調には気づいていなかった。妻の様子を伝え、夫婦で話しあうことを勧めると、緊張が解けたように涙声になった。子どもの心身の健康についても妻と一緒に考えたいとのことだった。

対応の工夫と視点TICについて

・身体的な接触が制限されている社会状況下において、非対面のサポートでできることに最大限努めた
・電話診療では患者の表情が見えないので、口調や間合いに注意を払い、相手に寄り添える会話を心がけた

患者の展望

・家族が話しあう場を持ち、それぞれが不安や恐れについて吐露し、家庭内の緊張感が和らぐ
・夫の収入が減った際の家計についても夫婦で話しあい、共働きであるから、生活が困難になることはないことを互いに確認した
・本人が家族の問題を自分だけで抱えなくてもいいことを理解する
・夫婦で一緒にWEBサイト「こころの耳」などを見て、心の健康を保つことの大切さを理解する
・子どもが暴れるのは子ども自身の不安の表出と夫婦で気づき、夫が積極的に子どもとの時間を取るようになることで、子どもも少しずつ落ち着いていく

想定されるワーストケース

・本人のうつが増悪し、希死念慮が生じる
・児童虐待が悪化する
・夫から妻や子どもに対するDVへの進展

患者が抱える傷つき

・新型コロナによる社会状況の変化以前からのパートナーシップ(夫と本人の関係)そのもの
・夫に怒鳴られたことの恐怖
・子どもの世話も家事も自分がしなければという思い込み

社会背景の理解

・新型コロナの影響で社会不安が大きい最中にある

関連が推測されるACEs(逆境的小児期体験)

逆境的小児期体験(ACEs:Adverse childhood experiences)は、成人後の身体的、精神的問題などとつながっていると指摘されています。ACE研究と呼ばれる1995年から米国で行われた大規模疫学調査において、子どものころの逆境的体験の数と成人後の予後を調べると、ACEsによって健康リスクが高まり、20年以上早く死亡することが明らかになりました。(参考:『視点を変えよう! 困った人は、困っている人』)

患者の背景には直接的なトラウマ以外にも、このような要因が隠れている場合もあることを知っておくとよいでしょう。

ACEsの種類

心理的虐待、身体的虐待、性的虐待、身体的ネグレクト、情緒的ネグレクト、家族の収監、ひとり親/両親の不在、DVの目撃、家族の精神疾患、家族の薬物乱用

参考

ACE研究、ACEスコアとは何か|クリニックちえのわ(外部サイト)
『視点を変えよう! 困った人は、困っている人』(PDF)

このケースに関連するキーワード

支援者の方へ

ソーシャルワークにはさまざまな視点があり、モデルケースは常に多様な知見を取り入れながら改善しています。支援者の皆さまからのご意見を広く受け付けています。ご意見についてはこちらからお送りください。

また、定期的にソーシャルワークやトラウマ・インフォームド・ケアをテーマにしたオンライン勉強会を行っています。参加希望の方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。(※現支援者に限ります)

最終更新日:2020/06/16

支援機関

  • 京都市こころの健康増進センター

    こころの健康に関する電話相談、精神障害者の就労・復職準備デイケアなどの支援を行っている

    詳しく見る
  • 子どもはぐくみ室(京都市各区役所・支所)

    妊娠期〜18 歳までの子どもと子育て家庭に関する総合相談窓口

    詳しく見る
  • 京都市男女共同参画センター(ウィングス京都)

    男女共同参画社会の実現に向けて、さまざまな取り組みを行うとともに、市民活動を支援するために京都市が開設した総合施設。相談事業を行っており、無料相談も受けられる

    詳しく見る
  • 京都府男女共同参画センター(らら京都)

    京都府男女共同参画推進条例やKYOのあけぼのプランに基づき、男女共同参画社会づくりに向け各種取り組みを推進する拠点施設

    詳しく見る
  • ウィメンズカウンセリング京都

    女性が抱える心理的困難に対して、ジェンダーの視点での支援を提供する、民間のカウンセリングルーム

    詳しく見る
  • ※このケースは女性支援、女性医療に携わる、医師、看護師、保健師、リハビリ職、ソーシャルワーカー、カウンセラーなどによる研究チームによって作成された架空のケースです
  • ※それぞれの掲載ケースは、対応の学習を目的とした一例であり、さまざまな条件により最適解は異なります
  • ※連携した社会資源がこのとおりの対応ができるとはかぎりません
  • ※各ケースのイメージビジュアルは、それぞれのカテゴリーを表しており、支援者の二次トラウマに配慮して設計しています