モデルケースと対応

医療現場で患者のトラウマに配慮したソーシャルワークを実現するために。ここでは社会的困難女性が来院を仮定して、さまざまな仮想ケースとその対応モデルを紹介しています。

飛び込み出産NICU児への面会頻度が少ない初産母親

患者プロフィール

初産で飛び込み出産の30代。

ケース紹介

飛び込み出産で子どもはNICUへ

妊娠に気づかないまま自宅で陣痛発来、救急要請して来院。産科病棟についてから分娩したが、子どもは重症新生児仮死だった。子どもは人工呼吸器を装着し、NICUに入院した。

夫は20代で、仕事はアルバイトをしている。本人(母親)は自営のため、育児休業が取れず、働かなければ生活できないため、本人の面会頻度はきわめて少なかった。夜間でも面会は可能であると伝えたところ、少しずつ面会に来るようになった。

面会の機会増と母児の愛着形成を促す

来院時には、母児の愛着形成のために抱っこや授乳の機会をできるだけつくるなど、NICUスタッフが細やかに配慮した。 また、本人(母親)の両親に連絡をしたところ、頻繁に面会に来るようになった。本人の面会頻度が増えるとともに、夫とともに療育に対して積極的になっていった。

子どもは発達に遅れが出る可能性は大きくあるものの、3ヶ月後にほぼ医療的ケアが不要な形で退院できることになり、自宅に退院した。夫はアルバイトを辞めて退院後の育児に関わることになった。本人(母親)の両親には頻回に育児サポートに行ってもらうよう依頼した。また、区役所の保健師にも訪問してもらい、今後の生活についての相談を行った。

対応の工夫と視点TICについて

・飛び込み分娩をした産婦に対しては、身体的ケアと並行して精神的ケアにも注力することが望ましい
・面談では、信頼関係の構築に努めつつ、課題の整理を行う
・NICUスタッフとの連携を密にして、多職種でケアを行う
・退院後の生活を見据え、地域の保健師との連携についても積極的に行う

患者の展望

夫の主体的な育児、本人両親の生活や育児の協力、行政からの産後ヘルパー、保育園など、さまざまな支援を受けながら子どもが元気に育つ。

想定されるワーストケース

親としての自覚や愛着が育成されないままに、子どもが自宅に帰り、周囲のサポートもないなか、児童虐待が起こる。

患者が抱える傷つき

・妊娠に気付かないまま出産したことによるトラウマ
・子ども重症新生児仮死になったことの自責、トラウマ
・生活と育児の両立についての葛藤

社会背景の理解

・妊娠、出産にはリスクが伴う(満期で問題なく出産できることが当たり前ではない)ことが社会的に認知されていない
・本人が「妊娠に気づいていなかった」というとき、「なんとなく気づいていたが、妊娠したとはとても言い出せない環境のため、意識的に認知しようとしなかった」ケースもある
・自営業の妊産婦に対する社会的保障は薄い

関連が推測されるACEs(逆境的小児期体験)

逆境的小児期体験(ACEs:Adverse childhood experiences)は、成人後の身体的、精神的問題などとつながっていると指摘されています。ACE研究と呼ばれる1995年から米国で行われた大規模疫学調査において、子どものころの逆境的体験の数と成人後の予後を調べると、ACEsによって健康リスクが高まり、20年以上早く死亡することが明らかになりました。(参考:『視点を変えよう! 困った人は、困っている人』)

患者の背景には直接的なトラウマ以外にも、このような要因が隠れている場合もあることを知っておくとよいでしょう。

ACEsの種類

心理的虐待、身体的虐待、性的虐待、身体的ネグレクト、情緒的ネグレクト、家族の収監、ひとり親/両親の不在、DVの目撃、家族の精神疾患、家族の薬物乱用

参考

ACE研究、ACEスコアとは何か|クリニックちえのわ(外部サイト)
『視点を変えよう! 困った人は、困っている人』(PDF)

このケースに関連するキーワード

支援者の方へ

ソーシャルワークにはさまざまな視点があり、モデルケースは常に多様な知見を取り入れながら改善しています。支援者の皆さまからのご意見を広く受け付けています。ご意見についてはこちらからお送りください。

また、定期的にソーシャルワークやトラウマ・インフォームド・ケアをテーマにしたオンライン勉強会を行っています。参加希望の方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。(※現支援者に限ります)

最終更新日:2020/06/16

支援機関

  • 子どもはぐくみ室(京都市各区役所・支所)

    妊娠期〜18 歳までの子どもと子育て家庭に関する総合相談窓口

    詳しく見る
  • 京都市男女共同参画センター(ウィングス京都)

    男女共同参画社会の実現に向けて、さまざまな取り組みを行うとともに、市民活動を支援するために京都市が開設した総合施設。相談事業を行っており、無料相談も受けられる

    詳しく見る
  • 京都府男女共同参画センター(らら京都)

    京都府男女共同参画推進条例やKYOのあけぼのプランに基づき、男女共同参画社会づくりに向け各種取り組みを推進する拠点施設

    詳しく見る
  • ※このケースは女性支援、女性医療に携わる、医師、看護師、保健師、リハビリ職、ソーシャルワーカー、カウンセラーなどによる研究チームによって作成された架空のケースです
  • ※それぞれの掲載ケースは、対応の学習を目的とした一例であり、さまざまな条件により最適解は異なります
  • ※連携した社会資源がこのとおりの対応ができるとはかぎりません
  • ※各ケースのイメージビジュアルは、それぞれのカテゴリーを表しており、支援者の二次トラウマに配慮して設計しています